凍ってんの

突然、空が見えた!

何事か前後が不明となった。

次の瞬間・・・

ガッツーン!!
痛ってぇ・・・

見事に頭から落ちた。


凍ってやんの!
(ポールは近くにあったのを後続のウォーカーたちの事故防止のために僕が立てました)

嬉しいことがあった。
そばにいたホームレスのおじさんたちが寄って来て
「にいちゃんだいじょうぶかい」
だって。

にいちゃんと何十歳も若く言われたことも嬉しいけど、
普段何のかかわりもないような「あなた」と「私」との距離がぐっと縮まったことが嬉しかった。

頭をさすりながら歩き出した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です