四分一のスベ五鈷杵

京都の友人の職人に作ってもらった。
胴と銀の合金の配合値から四分一(しぶいち)と呼ぶ。

そこに金象嵌を施した。
スベ型の五鈷杵。

手にしっくり来る感じは何ともいえない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です