流鏑馬

馬上からあの的を射るのは、心技体の練磨と時の運。
縁起物なのですね。

知り合いのkさんが置いていってくれました。

ちなみにTONちゃんは高校時代、弓道に熱中していて流鏑馬に超あこがれていたのです。
馬にまたがるイメージトレーニングをしてみたりと、ことのほかお熱だったのです。

まあ想像するに、馬にブタが乗っている図というのもアンブァランス。と言えば言え。
いけてないと言えばいけてない。

そのせいかさっぱり縁がない。

当時は鎌倉の鶴岡八幡宮の流鏑馬。

けれどどういうわけか、毎年縁がなく見物に行けた試しはなかったのです。
運よくというのか、眼と鼻の先で流鏑馬が見れる幸運とあいなった訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です