黒檀素引大平天台

オーダーで作らせてもらった。

最近は玉表面につやをかけないことが多い。
使えば使うほど、自分なりの深見とつやが生じてくるのは
なかなか愛着の湧くものだとおもう。

素引きというが、このよさのもうひとつの点は
玉に二次加工ができないということ。
つまり素材の良し悪しがはっきりしてしまうことだ。

素材をそのままに使用するのだから
誇れるのは、素材の良さと加工の丁寧さしかなくなる訳で

玉に自信のあるところなら、待ってましたと作りたくなる。
(やわらかい素材の場合はちょっと異なりますが)

この大平も素引きのままでも玉の良さが目立つ。

こうしてみると迫力がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。