懐かしい本が出てきたよ.

事務室の書棚があふれかえって雪崩が起きている。
とにかく本が多いのだ。
もうあきまへん。

がさごそ片付け始めた。
書棚をひっくり返していると、
30年近く前に買った「性格推命術」という本が出てきた。

動物占いのようではあるけれど、もう少し詳しい。
一時は、あれやこれやせっせと友人のを調べたものだ。
いつか埃にまみれていた。
改めて見ると、今更ながらよくあたっている。

ちなみに僕は、「月から来た哀愁のうさぎ」という判断。

昔月に住んでいたウサギ。地球に馴染めずどことなく落ち着きがないのも憂愁の霧がかかって見えるのも遠い故郷を思うため。特異な勘と閃きを持ち独特の世界をつくり上げる跳ねるような行動力もありますがへつらったり妥協しないために、地球人に誤解されもする。お人好しで、短気衝動的で刹那的気まぐれ皮肉屋なのに合理的な理論家。いつも喧騒の中に出かけては孤独をかみしめ明日こそはと月に帰る日を夢見るロマンチスト・・・

要するに周りからは理解されにくい気まぐれ屋ということ。
糸が切れた凧とでも言うことだろう。
思い当たるふしはありありだ。

ついでに上さんは、「機織り牛」という。

おぼろ月夜の明かりに照らされて糸を紡ぎ、丹念に機を織っては倉にしまいこむ堅実な牛。よほど切羽詰らない限り、無謀な危険を冒したりはしない・・・

要するに粘り強く超堅実なのだ。

よくまあ!切れた糸を紡いでくれている。
水と油が一緒にいるものだ。

けれど、面白いことに実姉も、
昔お世話になった先輩も同じ「機織り牛」なのだ。
どうやら僕には、ブレーキ役、修復役が
必要ということなのだろうかな・・・

そんな目でみてみると
結構、補完関係にあったりするんじゃないのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。