梅后流かっぽれ新年会

念珠堂の通り会、発足のときに、誕生祭を行った。
ちょうど三社祭り当日でもあった。
その際梅后流かっぽれの皆さんが百人踊りをして祝ってくださった。
実に嬉しかった。

一年たって、新春の初顔合わせに呼ばれた。
600人を越える全国からの師匠たちや招待客にビューホテルの会場もえらく狭く感じた。

詩吟や詠い、日舞の師匠方の集まりにも以前招待された事があったが、それぞれが何百人も門弟を引き連れている人たち。凄まじいオーラを感じて圧倒されたことを思い出した。

そのときとはちょっと違う感覚を覚えた。
伝統を背負う者にありがちな独特の弾き飛ばされそうな強さは感じるのだが、全体に調和があって心地よい。こんな空気を垣間見えたのは、梅后師を慕う求心力が師弟関係というより家族関係に近い空気だったためなのかも知れない。

中心に立つもののありようの違いで、会の雰囲気は全く異なるものだと教えてもらった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です