純銀リン

小さいながら純銀りんです。

今までの銀のリンは小さくても2.5号以上になりますから、最近の仏壇の小型化の傾向を考えるとやはりバランスの合わない者もありましたが、これで万全かな・・・

槌目が綺麗です。



余韻は綺麗に伸びます。
沙張のリンと比べても遜色のない音色です。

造幣局の純銀の刻印です。
179g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です