一見よさそ

太い糸を通して、本連以上の玉数にしてみるとご覧の通り。
玉筋がのた打ち回る。

ほんのわずかな玉一個の磨きの狂いでも100個となれば相当な累積誤差を生む。
(若い頃の未熟な測量技術で測った路線測量を思いだす)

玉の大きさは指先の感触で0.1mm程度の誤差はわかるけれど、玉穴の加工は実際に通してみないと判定できないから、お客様は製作者からも販売者からもいいようにされてしまうだろう。だからこそ信頼の置ける店で買ってねといいたいのだが・・・

海外製品があらゆる方法によって入手できる環境の現代は、文字通り玉石混交の時代だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です