涙を呑む

久しぶりに浅草は賑わった。
ゴールデンウィークは近場の観光地でとかマスコミでも情報を流していたし、
こんな形でどっと出たわけではないのだろうけれど、やはり人がぶつかるほどの活気さが、やはり浅草らしい。

御陰様で店もそれなりに混みだした。

そんな中ある親子さんがご来店くださった。
「チョット待ってね、まだあるから」
仏具を一つ一つ時間をかけて丁寧に選ばれていた。
ご供養するために必要な一通りの買ってくださった。

接客しながらふとお客様の口から、

「津波にあったその日が命日と思って、供養してあげたい・・・から」

ん?と思った。

品物をお渡しするとき、

「どちらからですか?」の問うてみた。

「岩手」と一言。

さらに問うと、

「大槌町」と言葉少なに応えて下さった。

きっと口には出されたくなかったのかもしれない。
僕も僕で次の言葉が出なかった。

自分も岩手のお客様の現状がまったくつかめないこと、
宮城の親戚をなくしていること、

など我知らず口にしていた。

被災時には他所にあって難を免れたお母さんと現地にいた娘。

家族の大事に一緒にいられなかったと心を痛める母の弁。

「母がいてくれたから生きていける」と子の心。

最大級の難が現実として究極な状態に落とし込めたのだ。

我知らず涙を呑んでいた。

あまりに心の傷が深いだろうことを察すると、どんな応答も空々しい言葉になってしまう。
ともに涙を呑むこといかできない自分があった。

外の喧騒とは裏腹に被災地はやっとスタートラインにつけるところにたどり着けたのだろうか・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です