お寺めぐり

合羽橋にある図書館の帰り道、例によってお寺寄り道の虫が疼きました。

まず 曹洞宗本然寺

入りづらい雰囲気で山門前で引き返してしまいましたが、あとで調べてみると、
番町皿屋敷のお菊稲荷があったことを知りました。

今度行ったら、お参りしないと。

次は時宗のお寺 日輪寺


もとは、柴崎村(今の千代田区)にあったお寺で明暦の大火で移築された、もと天台宗寺院。疫病が流行ったとき、平将門のたたりとと恐れた村民の為に、この地を訪れた時宗の僧「他阿」が首塚を供養し納めたのをきっかけに、時宗に改宗したといわれる。

柴崎村にあったことからここを柴崎道場(念仏道場)とよばれていて、この地を柴崎町と呼ぶようになったようだ。

山門を抜けてふっと本道に目をやろうとすると、
おっと・・・

ま。都会の寺院は仕方ないのかもしれないけれど・・・
寺って、周りの風景も含めて寺なんだと思うのだけれどね。

入り口左側に観音堂。

新観音霊場になっていました。

最期は、浄土宗の天嶽院

ここもタワーマンションが建ちつつあって、景観どころの騒ぎではなさそう。

江戸時代の儒学者、細井平洲のお墓が文化財になっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です