やさしく、やさしく・・・

ついにだましだまし使っていたルーターが
悲鳴を上げてしまった。

あっけなくも昇天してしまう。

さあ困った。
この忙しい時間に
ネットにつながらなくなっちゃった・・・

飛んで・・・
と言っても、地下鉄で秋葉原に急ぐ。

大江戸線の蔵前駅から新御徒歩町経由で
秋葉原。
降りれば、今トレンドの量販店にダイレクトにつながっている。
「こりゃ楽だわい」

そう頭でシュミレートして出かけた。

けれど
「思う」と「実際」とは、かなりギャップがあった。

そもそも、何ぜ、人間様が地下にもぐらないといけないんだ!
車窓を楽しむ面白みもない。
テクテク階段を上ったり降りたり、
僕はいいよ・・・若いから・・・(^^;

横浜育ちは、足腰鍛えられているからね(山坂多いから)。
何百段だって何ともないけど。

これ、足が悪かったら、地獄だよ。
自分が車椅子に乗るようになったり、
目が不自由になったりしたら・・・
自己否定されるなあ・・・きっと。

駅員さんも、駅構内では、ほとんど見ないし・・・
ちょっと頼むことも、尋ねることもできないじゃない!

健全者なら、こともなげにスルーできる回廊であっても
肢体不自由な立場から見れば、難関につぐ難関だ。
これは、優しくない・・・
絶対優しくない。

さすがにつくばエクスプレスはエレベーターが付いて
利便をはかっているようだけれど
何せ、エレベーターの位置が悪いよ。
遠い。

乗降口や乗り継ぎ位置から、絶対に遠い。

ただ、付いていればいいっていうんじゃなく、

優しくなろうよ。この町。

“やさしく、やさしく・・・” への0件の返信

  1. 田舎暮らしも、はや6年。
    車社会は、高齢者や赤ちゃん連れの若いママ、そして身障者の方にも優しいです。
    そう、都会は、頑強な身体の人にしか生きづらくなってますね・ほんとに…

  2. 地下街が発展している名古屋に住んでいます!名古屋の人は、晴れているのに地下街へもぐります。地下鉄から降りてそのまま繁華街へ。青い空を見ることも風の音を聞くこともせず、とても、もったいないと思うんだ。今、生かされているこの命に栄養をたっぷりあげるためにも、健康な心を育てるためにも、自然の恵みをいっぱいあびさせたいなって思うなぁ。

  3. takeさん。みっちゃんさん。
    おひさしぶりです。

    若いときは、あまり感じなかったことでも、老眼が入ったり、ちょっと足の力が弱ったかなと思ってくると、見えてくるものがあるものですね。実に。

    ぐいぐい牽引していく、高度成長期の日本から、円熟した日本にふさわしい町づくりって考えさせられますね。
    メガネはずして歩くと、ホント大変な町だなって感じてしまいます。

    私は、チンチン電車派なんです。
    世の中のいろいろな思惑と政策の中で大都市からこんな地球と人に優しい乗り物が消えてなくなっってしまったことに、憤りをもっている一人なのです。
    人はお日様の下にいるべきだよね・・・
    名古屋も仙台も写真小僧の頃、電車を追いかけて、よく出かけました。

    また遊びに来て下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です