らくだ

若い頃は季節にかかわらず、いつも薄着だった。

真冬の寒風吹きまくる河川や海岸淵を測量するときでも、ペラペラの作業着を着ただけで、長靴を履いて丸一日川面を走り回っていた。

冬になると毎週のように行っていた徹夜のスケート場でもジーパン一枚(もちろん上着は着ていたが)だった。それでも寒いなんて感じた記憶がない。

ツーリングで雪道を自転車で走っていたときも、ニッカーボッカの下はよほどのことがない限り素足だった。

あの頃はいったいどういう体だったのだろう。

まあ、小学校時代は一年中雪が降ろうと半ズボンだったのだから、年(歳)毎に厚着になってきたと言える。

こうして想像しているだけで背筋がゾクゾクしてくる。

今は店に立っているだけなのに、底冷えしてきてしまうから、当たり前のようにズボンだけではすまない体になってしまった。

ズボン下は日常生活の必需品になっている。
特に好んではくのがらくだのももしきというやつである。

若い頃さんざん馬鹿にしてきた「らくだ」なのだが・・・
しかしこれは問答無用で暖かい。
と言うことで手放せない。

でも・・・あれ?おかしいなあ・・・

今年は、まだお世話になっていない。

これも温暖化のせいだろうか。 それとも・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です