鎮静剤

沈香の玉を抜いた残材なのだけれど、10数年手放せない。
今だによく香る。

甘さと苦味がほどよく調和してこれぞ沈香なのだ。

当時はこんな程度のよい沈香が簡単に手に入った。

販売時にも平気で沈香木の塊にライターで炙ってくれたり・・・
実に粗野な時代といえば言えるがそれほどに豊富にあった。

「今は昔・・・」

まさに今昔の感がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です