父の背中

早いもので、
父親が逝った歳に近づいてきた。

3つになったばかりの秋に逝ってしまった父親の面影は、
おぼろげにも覚えていない。

父親がかわいそうにも思うくらい、
脳みその海馬の奥底にしまいこまれて、

記憶には全くない。

「片親じゃ大変な時代ね」と思うのは、
当時を生きた母と同年輩の人の話し。
それは育ててくれた側の話しであって、

子供の側は、いたって現状を受け止めていた。
ありのままに生きているものである。

なまじっか記憶の断片があると、
感傷に発展する種となったであろうから、
記憶が全くなかったというのはある意味、
幸いしたと思う。

都内のY大学を昭和初期に卒業し、
大学に残ることを勧められながらも 、
野心家の父は企業家の道を進んだ。

結果は事業は見事に大成功を収めたが、
補佐役の身内の裏切りと、
元来の人の良さと気風のよさは、
多くの負債を背負い込む結果となった。

惨憺たるものだったようだ。
結果、会社をたたむこととなった。

母と出会う頃は、過去の栄光の残光に照らされる中での
出会いだったようで、
程なく無職の生活を余儀なくされたようだ。

その直後、僕は生を受け、
バトンタッチするかのように父は彼岸に逝った。

「父の轍は踏んではいけない」
そう薫陶を受けながら育ち、
経済とはかけ離れた技術屋の道を選んだ。
はずなのだけれど・・・

気づくと、父の背中を追いかけている。

「親はなくとも子は育つ」とは、
よく言ったものだ。

父の失敗を繰り返させまいと、
注意注意しながら、育てられながらも、
父の轍(わだち)をきっちり踏んでいるのだから。

たとえ、口で教え込まれずとも、生を与えられた「動機」は、
きっと母の胎のなかで醸造され、
言葉ではない形を持って受け継がれていたのだろう。

しっかりと心に組み入れられているように感じる。

おかげで、人の良さと、義憤を感じる心は
どうしようもできないほどあるようで
生涯、貧乏道からは、はずれそうもない。

何度、大口のお客様であっても、
理不尽を目の前に見せられてぶつかってきただろう…
不誠実には耐えられないようにできているようだ。

でもしかたないと諦めている。
損得では動けないのだから。

自分が彼岸に渡ったとき、
父になんと言ってもらえるだろうか、

そんなことを、若干なりとも考えるこの頃なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です