逆輸入

国内の無理解に嫌気をさして海外に活路を求める芸術家。
そして技術者たち。
昔から後を絶たない。

出る釘は打たれる。
一定以上の特出したことは望まない風土。
処世術として友好に働く場合もないとはいえないのも確か。
ただし一度公で認められてしまうと、空気はがらっと変わる。
鬼畜米英が闇雲に親米へ
安保闘争に眉をひそめていた大人たちは何処へ?
性の解放はどこまで若年化するの?
価値観はひっくり返ってきた。

だいぶ前、小学校に通うわが子の教科書を見て腰を抜かした。
書道は書写といい、自然と情緒を育ませてくれる唱歌の激減していて、
若かりし頃、好きだった反体制ソングやら
ニューミュージックが課題曲として顔を見せていた。

形ばかりの歴史の羅列・・・

いったいこの教科書は何人(なにじん)を育てようとしているのだろう。

欧米か?

むしろ欧米人が日本の文化に惹かれて、
バックパッカーよろしく世界から訪ねてきている時代。

日本人は何を伝えられると言うのだろうか。

戦前の日本人の貧しいけれど心の豊かさに胸を打った外国人は多いという。

ご先祖が培ってきた日本人の心象を今の教育で、
どう受け継いでいけるのだろうか。

唱歌が小学校の音楽の教科書から激減し
日本の美しさ、日本の歴史の誇りを日本人が見失っている。

海外でさかんに取り入れられていく日本文化。
気付かんかなあ教育委員会。

SCORPIONSのこの一曲。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です