後押し

店前の商店会の通りを敷石化して参道らしく整えることになった。
もう一年以上関わってきた。
その責任者だから技術的なことから民意のとりまとめ、集金までやらざるをえない。

今日そのための最後の地元説明会を行った。
ここに至るまでなかなか波乱万丈だった。

いろんな人がいるから、総論賛成でもいざお金を出す段になると手の平を返すものもいる。
逃げてしまうものもいる。いらぬ噂を流すのもいる。
でも、頑張ってねと予想外の声や喜捨をしてくれることもある。
ありがたくって心がぽっと温かくなる。思わずホロッとすることもある。

昔、土木の技術屋時代は、数千万の工事から数十億の工事まで関わってきた。といっても何となくやっていた。自分で稼いだ金でもない。
予算が回ってくれば、仕事としてこなすだけ。
だからあまり自分としては印象がない。
それでいて技術屋は金に左右されないんだ位の意識は持っていた。

今の仕事は昔と比べればはるかず~と小さな事業だ。

でもこの小さな力と心を集結していくことを通して、細かなお金が集まっていく。小さなお金でもそれが総意というのか民意と言うのか、とにかくみんなの期待の結晶なのだということを感じさせられる。

そんなことを思うと、ぐんと後押しされている自分に気が付く。

頑張らなくっちゃ・・・・と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です