非日常ということ

非日常ということ。

今日は、久しぶりにお休みを貰って、マイサンを一人選別して
ディズニーワールドに出かけた。

ディズニーランドは、工事中から
完成するのを待ちに待っていたほどだったのだが、
いざ出来上がってからは、数えるほどしか出かけたためしがなかった。

何より、サービス業としての見本みたいな
ここの経営スタイルを、

経営者研修では、何度も取り上げられていた。
際立っていた。

それだけに、アトラクションを楽しむと言うより
学びに行くことばかりだった、デズニーランド。

開園から20年を過ぎてなお異彩を放つ。

園内に入ると、何故かミッキー等のキャラクターにみな変身したがる。
やたらと目に付くミッキーの耳やかぶりもの。

冷静になって考えると、何故?
と考えたくなる。

大の大人が、尻尾を生やしてみたり、
クマに頭をかじられているようなかぶりものをしてみたり、
鼠の耳をつけてみたり、

日本人が子供っぽいとは言え、度を越えている。

不思議だと思った。

考えた末、
日常⇔非日常

この使い分けの中で、中庸を保っているようにも見えた。
スイッチングしているのだろう。

ゆえに、非日常時は、
徹底して「非」にならないといけないのだ。

なんとなく、うなずけた。
非日常は、大切なのだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です