正月の光景

空気は乾燥して錆を出す要因が少ない。
人は多く、日頃でさえなでてくれる人の多い小僧君。

正月の参拝者にそれこそ何千人となでてもらうものだから
手の指紋がヤスリとなってこれこの通り。
見事である。
「ぼくとどっちがかわいい?」と飛び込んできた小さなお客さんと。

亀十のどら焼きはこれこのとおり30mの行列を作る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です