生涯のおつきあい

久しぶりに懐かしい方が来訪してくださった。

千葉のOさんは
百体仏を彫る願をかけていらっしゃる。

同じ自転車の趣味もあってか、
一回り以上も歳の違いもなんのその
何故かいつも意気投合してしまう。

始めは、彫刻刀の購入時からのおつきあいだから
仏師入門の入り口からのおつきあいと言うことになる。

曹洞宗の彼は、星月菩提樹の念珠を購入していただいている。
普通の研磨で製作したものを
さらに入念に自分で磨いた。

Oさんの手にかかると
普通の念珠もこうなるよ。

玉の穴繰りの面取りが尋常でない。
おまけに、玉の1玉1玉をくるみの油で磨いたとか。

トラメ石まで磨いたの?

いやはや、とてもじゃないけど、かなわないや(^^;

庭師の職人さんが捨ててしまう木片も
Oさんいただいてくるのだそうな
何にするの?

おもむろに

「はい」
っとプレゼントしてくださった。

欲しそうな顔をしていたかいな。

痛!
いててて…

桜の端材もこうなるのか。

木はいいねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です