福岡の事故におもう

昨日まで部屋の中を3人の幼子が駆け回り
「うるさいわよ」といいたくなるほど、
活気のある我が家であったことは、
想像に難くない。

それが一晩で全ての子を失う親の心情とは…
いかばかりであろうかは、
想像を絶する苦悩であろうことは、
胸中を考えると、悲しみに破裂する。

しばらくぶりで、「朝ズバ」をつけながら
メールチェックのをしていると、

福岡で起きた3名の幼子の命を奪った、
むごたらしい事故の詳細を報道していた。

さらに、当事者であるご両親が、
中継でコメントをされていた。

家族5名を載せた車は、14m下の海中にダイブした。
バックミラー越しに、泥酔者の車が猛スピードで、
突っ込む瞬間から、衝撃でガードレールを突き破り、
海面に激突する瞬間まで
運転していた父は、はっきりと覚えている。

海中に沈む車内に残されていたわが子を救おうと
4度も海中に潜り、母は救出しようと試みたという。

今にも力尽きようとする夫と自分とに
「しっかりするのよ」と声を張り上げながら、
傷だらけの作業は続いたという。

説明をしながらも、涙を飲み込んでいることは
明らかに伝わってくる。
モニター越しに聞きながら、胸が詰まる。

最後まで、泣き言ひとつ、
泥酔していた暴走犯への恨みを言うでもなく、

ただ、全国の視聴者に向かって
「励ましてくれて、ありがとうございました」の声は、
むしろ、胸に突き刺さった。

“福岡の事故におもう” への0件の返信

  1. あれはあきらかにテレビ用の顔でしょう。
    もしくはまだ現実を受け入れられないのかも。
    どちらにしても観ていて胸が痛くなる事件ですよね。

    あの県では飲酒運転がまかり通っているとのこと。
    五輪候補地に名乗りをあげるよりも(逃したけど)先にやることあるよね。

    楽しい報道はないものでしょうか?

  2. 最近の報道って、身につまされるものが多すぎる気がしますね。
    ニュースは、しっかり、局を変えてまで繰り返し、見ていましたが、だんだん、見る回数が減りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です