こころね

突然のTさんの訪問に面食らう。
週末に行くよ。と聞いていたから、
「店長~ぉ。きちゃった」

と聞きなれた声が背後から
何事かと文字通り驚いたのだ。

「ほい」
と差し出されたのは、霊場行きの電車の切符。
冊子形式になっていて、朱印帖を兼ねている。
なんとおもしろい切符。
鉄の血も湧いてきて、記念としてとっておきたい気持ちもわくが
使うところに意義があるんじゃない?と釘を刺されてしまった。

秩父行きは、片道だけ自転車をばらして輪行(りんこう)しようと思っていたので
渡りに船といえばそのとおりなのだけれど、正直嬉しかった。
気持ちが本当にありがたかった。

忙しい仕事の合間をぬって、状況を知らせに訪ねてくださったのだ。

本当にありがたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です