夜に浮かぶ・・・

帰り道、雷門前を歩くと、
ほのかな提灯の灯に心が和む。

祭りの弓張り提灯に火が入ったんだ・・・
昔の人は、この灯にさぞや安心をいただいたのだろう。

現代は、不夜城の如き都会の明かりの中なれど、
機械的な蛍光灯の明かりや人の心を惑わすネオンの煌めきに疲れて
ほのかな和の灯に、癒しをいただくのかな。

よく見ると、我が店の名もちゃあんとある。

今朝、工事していたっけ・・・

浅草にいるんだ・・・

何となくホッとした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です