弥勒菩薩は難しい

シンプルなものほど難しい。
その典型的な例が国宝第一号の広隆寺弥勒菩薩だと思う。

そう簡単に線が出ない。出せない。
表情になると輪をかけて難しい。

若いとき、京都をブラブラしていたとき
半日以上ポカーンと魅入っていたことがあった。

なんてきれいな線を描いているんだろう・・・
なんの虚飾もない・・・
ひとつ間違えれば、この表情は全く異なったものになってしまう。

極限まで省かれたライン。

生き方においても、シンプルほど難しいものはない。

けれど、シンプルほど簡単なこともない。

けれどシンプルほど怖いもの知らずもない。
要は、「捨てられますか」と言うことなのだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です